スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.06.30 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

C.T.T.sendai 「月いちワークショップ」 2013年8月「広田淳一さん」

C.T.T.sendai『月いちワークショップ』も第3回目を迎えますが、
今回、その3人目のファシリテーターとなる方は、
東京の劇団『アマヤドリ』の主宰にして劇作・演出家の広田淳一さんです。

変幻自在の劇言語とそれを体現する俳優達の身体性と、
その両者を巧みに操って立ち上がってくる
独自の世界が広田さんの作品の魅力であり、
それは仙台ではなかなか観られない質の劇世界であると思います。

是非、このWSへ参加頂き、その素敵な世界を体験してみて下さい。

 
◇◆◇C.T.T.sendai 月いちワークショップ 2013年8月◇◆◇

■ファシリテーター:広田淳一(アマヤドリ)

【日程】2013年8月3日(土)17:00〜21:00/4日(日)13:00〜17:00

【参加費】1コマ/1,500円(2日間通し2,500円)

【会場】
8月3日(土)…東六コミュニティセンター・体育館(仙台市青葉区錦町2-4-48)
   4日(日)…宮城野区文化センター・リハーサル室(JR仙石線「陸前原ノ町」より徒歩1分)

【対象】舞台表現に携わる方

【定員】1コマ/15名
    ※定員に達し次第参加受付を終了いたします

【お申し込み方法】
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、

,名前(ふりがな)

∋臆担望日程

E渡暖峭

と考(演技経験や健康状態など、特記事項があればお書きください)

ジ鯲会への参加希望の有無

を明記し、ctt.sendai@gmail.comまでお送りください。


【ファシリテーター経歴紹介】

●広田淳一(アマヤドリ)

1978年生。劇作家、演出家、俳優。
2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げし、現「アマヤドリ」主宰。全作品において脚本・演出を担当し、しばしば出演する。

さりげない日常会話からきらびやかな詩的言語までを駆使した「変幻自在の劇言語」と、クラッピングや群舞など、音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れた「自由自在の身体性」を活動の両輪としている。リズムとスピード・論理と情熱・悪意とアイロニー、などを軸に、「秩序立てられたカオス」としての舞台表現を追求している。

2009年、2010年と連続して「アジア舞台芸術祭(Asian Performing Arts Festival)」に演出家として参加。
2011年には韓国演出家協会に招聘されて「アジア演出家展」に参加し、ソウルに一ヶ月滞在して現地俳優とモリエール作『ドン・ジュアン』の創作・発表を行うなど活動の幅を広げている。

受賞歴:
2004年日本演出者協会主催 「若手演出家コンクール2004」で 最優秀演出家賞受賞(『無題のム』)
2005年佐藤佐吉賞 最優秀演出賞・優秀作品賞受賞(『旅がはてしない』)
2011年『ロクな死にかた』にて劇作家協会新人戯曲賞 優秀賞
2012年『うれしい悲鳴』にて劇作家協会新人戯曲賞 優秀賞


主催:C.T.T.sendai事務局

(横山)

スポンサーサイト

  • 2018.06.30 Saturday
  • -
  • 01:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

        
        
        
        
        

更新記事

        
        
        
        

リンク

        
        
        
        

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM