スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.06.30 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

C.T.T.sendai 月いちワークショップ2014年10月『“役作り”という妄念からの脱却/テキストと俳優との適切な距離を探すために』矢野靖人さん

C.T.T.sendai主催 せんだい月いちワークショップ2014年10月
『“役作り”という妄念からの脱却/テキストと俳優との適切な距離を探すために』

◆ファシリテーター:矢野 靖人(shelf)

■ご案内
とかくセンセーショナルで、社会を告発するようなメッセージ性の強い作品で知られているイプセンだが、その戯曲を詳しく読み解けば、そこにはいわゆる作家のメッセージよりも遥かに重要な、イプセンが生きた時代の人々の“生”の在り様そのものが克明に描かれていることが分かる。イプセンの生きた“近代”という時代において、人類が新たに抱え込んでしまった“病”即ち“近代的な自我”と“無意識”という概念装置。そしてその装置の限界を考えるに、イプセンほど適した劇作家はいない。

今回のワークショップでは、イプセンの代表作の一つである「ヘッダ・ガプラー」からテキストを抜粋し、shelfが日頃から行っている身体訓練とその方法論とを補助線に、現代を生きる私たちの身体そのものと古典的テキストとを“織り合わせる”ことでユニークでアクチュアルな作品制作を試みる。

日常的な会話体のみがリアルではない。舞台芸術におけるリアルは、もっと豊かで、フィジカルで、凄まじくそして遥かな地平に存在する。ワークショップ参加者とその可能性の一端を少しでも共有出来れば、と、切に願う。


■日程
10/24(金)18:00〜22:00(4h)ガイダンス、ベーシックトレーニングと、「テキスト」との向きあい方についての説明と実践。
10/25(土)13:00〜17:00(4h)ベーシックトレーニング、創作のためのディスカッション
10/26(日)13:00〜17:00(4h)簡単なベーシックトレーニング、創作
10/26(日)17:00〜成果発表会 一般公開(カンパ制)
※発表会は通し参加の方のみ参加可能 

■会場 せんだい演劇工房10-BOX box-2(仙台市若林区卸町2-12-9)

■定員 各回15名(通し参加の方を優先的に受けつけいたします)

■資格 俳優、または舞台芸術に関わる/関わりたいと思う者

■料金 通し参加:6,000円/1コマの単発参加:2,000円
※単発での参加の方には創作過程の流れの中の1コマであることをご了承願います。

※通し参加の方に限り、2014年9月30日24:00までに申し込みなさると「早割り」として参加費1,000円割引いたします。

■申し込み方法
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし以下の項目を記入の上、ctt.sendai@gmail.comまでお送りください。
1.お名前(ふりがな)
2.性別
3.電話番号
4.参加希望コマ(通し参加か参加希望のコマの番号をお書きください)
5.職種、或いは普段行っている活動
6.その他備考など

■申し込み締め切り
2014年10月19日(日)24:00(但し参加者が定員に達し次第受け付け終了いたします)

■ファシリテーター紹介:矢野靖人(やの・やすひと)

shelf 演出家・代表。1975年名古屋生。北海道大学在学中に演劇を始める。1999年4月より劇団 青年団(主宰 平田オリザ)演出部に所属。2000年2月、青年団 第5回 若手自主公演 『髪をかきあげる』(作/鈴江俊郎)演出。同劇団退団後、2002年2月にshelf始動。

劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルは珍しい。shelf では洋の東西を問わず、毎公演、古典的テキストを中心に大胆に再構成。同時代に対する鋭敏な認識、空間・時間に対する美的感覚と、俳優の静かな佇まいの中からエネルギーを発散させる演技方法とを結合させ、舞台上に鮮やかなビジョンを造形し、見応えのあるドラマを創造する手腕には定評がある。

代表作に、 『R.U.R. a second presentation』 (作/カレル・チャペック)、 『構成・イプセン ― Composition / Ibsen (「幽霊」より)』 (作/ヘンリック・イプセン)、 『悲劇、断章 ― Fragment / Greek Tragedy (「トロイアの女」より) (作/エウリピデス)、 『Little Eyolf−ちいさなエイヨルフ−』 (作/ヘンリック・イプセン)、『班女 / 弱法師』 (作/三島由紀夫)等。
自身のプロデュースするshelf の他、2006年より 横濱・リーディング・コレクション(共催/横浜SAAC、横浜市市民活力推進局)プロデューサー、総合ディレクターを務める。日本演出者協会会員。(財)舞台芸術財団演劇人会議(創立者 鈴木忠志)会員。

《主な受賞暦など》
2008年8月『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』(作/ヘンリック・イプセン )利賀公演にて、所属俳優の川渕優子が、利賀演劇人コンクール2008<最優秀演劇人賞>を受賞。同年、同作品名古屋公演(会場・七ツ寺共同スタジオ)にて<名古屋市民芸術祭2008<審査委員特別賞>受賞。2011年10月、『構成・イプセン― Composition / Ibsen(『幽霊』より)』(会場:七ツ寺共同スタジオ)にて、名古屋市民芸術祭2011<名古屋市民芸術祭賞>受賞。

《過去の作品のダイジェスト映像》
shelf 2011 "Composition/Ibsen (from "Ghost")"
written by Henrik Johan Ibsen and directed by Yasuhito YANO
@ Atelier GEKKEN (Kyoto)


たくさんのご参加、心よりお待ちしております。
また、ご不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

C.T.T.事務局一同

スポンサーサイト

  • 2018.06.30 Saturday
  • -
  • 15:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

        
        
        
        
        

更新記事

        
        
        
        

リンク

        
        
        
        

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM