スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

C.T.T.sendai 試演会vol.05

 C.T.T.sendai 試演会vol.05 開催のお知らせです。
 今回の試演会は、昨年12⽉に⾏われた“「⽝でも飼おうか」〜岸⽥國⼠の戯曲と演劇論を⽤いたワークショップ〜”に参加した3団体の上演です。
 昨年12⽉のワークショップではそれぞれの団体が岸⽥國⼠の「紙風船」をもとに作品をつくり、伊藤拓(Pan///)⽒をファシリテーターに迎えて意⾒をもらい、それぞれの団体・演出家同⼠で意⾒を交わしました。それらの意⾒を得、3か⽉を経た彼らの作品が上演されます。
 3⼈の演出家による「紙風船」をご覧ください。

◆日時
2014年3月
29日(土) 19:00-
30日(日) 14:00-

※各開演時間の30分前に開場致します
※合評会も含めた上演時間は150分程度を予定しております

◆会場
せんだい演劇工房10-BOX box-1
(宮城県仙台市若林区卸町2-12-9)

◆出演団体
  • 砂滑舞踊団
『紙風船から、紙風船まで』
演出 小森隆之
出演 鈴木優衣、青木望都香、広谷穂里、飯室牧子

○参加団体プロフィール
2013年、山形にて結成。同年8月に旗揚げ公演『教育』を発表。
踊ったり、演じたり、食べたり、祈ったり、恋をしたり。

○C.T.T.で上演をする理由・目的
何度も何度も同じことをする。何も伝わらないし何も変わらない。そんな役者たちが今日、急に変わるわけもなく、演出として出来ることもない。それはいつものことだ。「演劇」に限らず。しかしそれでも、何かが変わる輝きが嘗てあった気がする。それは本当は何もないところから産み出した嘘の感覚や記憶かもしれない。半分、それが嘘だと気付いてはいる。それでもその半分の幻想に賭けるのが演劇なんじゃないかと思う。元気な子供が産まれますように。
  • 東北学院大学演劇部
『紙風船』
劇作 岸田國士 演出 宍戸雅紀
出演 男:佐々木祐介、女:佐藤美星

〇参加団体プロフィール
東北学院大学演劇部に所属する3人。
真面目で頑張り屋の佐々木祐介・佐藤美星に対し宍戸雅紀が「演出したいから出とくれ」の一言で今回の出演が決定。
自己満足で終わらず、演劇に親しくない人々にも観 てもらえるような舞台作りを意識しています。
佐々木祐介は元仙台南高校演劇部
佐藤美星は元仙台二華高校演劇部

〇C.T.T.で上演をする理由・目的
理由は2つ。
1つは単純に演出をしてみたかった!
2つめは自分が目指す、観客を選ばない舞台をこれから
作っていく中で何かヒントになるものを見つけたい。
  • 屋根裏ハイツ
『紙風船』
演出 中村大地
出演 近藤崇之、塚本恵理子、中畑翔子、渡邉時生

 ○参加団体プロフィール
東北大学学友会演劇部の部員を中心に、主宰の中村大地が中心となって立ち上げた劇団。まだ公演を行ったことはなく、今回のC.T.T.は劇団として最初の作品創作になる。

○C.T.T.で上演をする理由・目的
昨年12月のC.T.T.月いちワークショップで受けた指摘や問題点、成長した点、発見したことを踏まえてもう一度、「紙風船という2人芝居の作品をあえて4人で上演する」という挑戦をしたいと思います。解体し行き付く先は見えてませんが、その出発点には、12月のワークショップで培った地層が堆積しています。

◆料金(上演協力金)
950円(予約・当日券ともに)

◆予約方法
  • メールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/842c9b8f179836
↑のメールフォームに必要事項をご入力ください。
  • メール
「お名前、予約する日時、人数」をご記入のうえ下記のアドレスにメールを送信してください。
ctt.sendai★gmail.com
↑★を@に変えてご送信ください

C.T.T.sendai 月いちワークショップ 3月

この度、 C.T.T.sendai では 2014年3月21日(金)・22日(土)・23日(日)に、鴎座の川口智子をお招きしてワークショップを開催いたします。
「モノローグ」のワークショップです。三日間集中してのワークショップなので、非常に濃密な時間になることが予想されます。
少々ハードルの高いワークショップとなっておりますが、 そのハードルの先にこそ得られる実りが在ると考えております。
このワークショップがみなさまにとっての新たな萌芽となることを願っております。

C.T.T.sendai 事務局員一同


2014年3月 せんだい月いちワークショップ
「MONO×モノ」
3月のファシリテーター:川口智子(鴎座)

◇◆◇C.T.T.sendai 月いちワークショップ◇◆◇
■ファシリテーター:川口智子(かわぐち・ともこ)
【日程】
2012年3月21日(金)10:00〜16:00
22日(土)10:00〜16:00
23日(日)10:00〜16:00
※基本的に3日間連続参加可能な方が対象となります。
 
【参加費】3コマ/5,000円

【会場】せんだい演劇工房10-BOX box-2

【対象】舞台表現に携わる方

【定員】15名(※定員に達し次第参加受付を終了いたします)
 
【申し込み方法】
◆メールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c91e7a3269698
↑のメールフォームに必要事項をご入力ください。

◆メール
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、
以下の項目を ctt.sendai☆gmail.com(☆を@に変換して下さい) までお送りください。

1.お名前(ふりがな)
2.参加希望日程
3.電話番号
4.備考(演技経験や健康状態など、特記事項があればお書きください)
 
【ファシリテーター経歴紹介】
川口智子(かわぐち・ともこ)

演出家。1983年生まれ。東京学芸大学大学院修了。
劇作家・演出家、佐藤信に師事。
2008年、研究者との協働企画ベケット・カフェを立ち上げ、『ロッカバイ』『あたしじゃないし、』『プレイ』(すべて岡室美奈子による新訳)を上演。2010年より、サラ・ケインの“Cleansed”を『クレンズド』『浄化。』『洗い清められ』として連続上演し、2013年12月には、サラ・ケイン幻の作品『Viva Death』を上演。(space EDGE(渋谷)、京都芸術センター)。また、2013年より、アジアの移動式アートスポットづくりを目論み“Cross Cultural Dialogue Project ABSOLUTE AIRPLANE”を開始。(共同企画/卓翔(進念・二十面體、小劇場.大戲劇亞洲交流會)
テキストへの読み込みの上に成り立つ、独特の色彩感覚を活かした幻想的な舞台美術や、スリリングで迫力のあるパフォーマンス、生の音楽を使用した作品を演出。上演だけに終わらない長期的な計画による作品づくりが評価されている。
座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)企画・制作スタッフ。

作品ダイジェスト
『浄化。』(2011年)http://www.youtube.com/watch?v=5KH9vqq9Gdg
『洗い清められ』(2012年)http://www.youtube.com/watch?v=p3UMYtlvXAA
『Viva Death』(2013年)まもなく公開予定
twitter @tomococafe

 

2月せんだい月いちワークショップ

2014年2月 せんだい月いちワークショップ
「たくらむ技術、たくらまない技術」

ファシリテーター:演劇家 山田宏平

『役の人物を活かすために「たくらむ」ことと、演じる瞬間を活き活きと生きるために「たくらまないこと」。
どちらも俳優にとってとても大事な要素です。
今回のワークショップでは、この「たくらむこと」「たくらまないこと」という相反する要素に取り組みながら、どちらも演技に使える俳優になることを目指します。』

日時:2014年2月1日(土)17:00-21:00、2日(日)13:00-17:00
※基本的に2日間連続参加可能な方が対象となります。

会場:宮城野区中央市民センター(宮城野区文化センター隣) 第3会議室
〒983-0842
宮城野区五輪2丁目12番70号
〇アクセス
・JR仙石線
陸前原ノ町駅下車
・仙台市営バス、宮城交通
宮城野区役所前バス停下車

定員:15名(申し込み先着順)

●料金:3,500円(2日間通し)

●申込方法:
メールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c91e7a3269698
上のリンクからメールフォームにアクセスし、必要事項を入力してください。
メール
メールタイトルに「ワークショップ申し込み」とご記入の上、参加者氏名・電話番号を明記して下記のメールアドレスにご送信ください。
ctt.sendai★gmail.com
★を@に変えて送信してください。

セレクション in 仙台 開催決定!

C.T.T.sendaiで行う、セレクション上演会の開催が決定いたしました。
セレクション上演会とは、これまで試演会の中で行ってきた投票(団体・作品に対するもの)のなかで獲得票数上位2団体と他都市のC.T.T.事務局推薦団体で行う上演会です。
今回は名古屋事務局推薦「猫足ウィローズ」が来仙します。

●日時
2014年
1月18日(土)19:00
1月19日(日)14:00

※各回受付開始・開場は開演時間の30分前となります
3団体の上演ののち、合評会を行います。合評も合わせた上演時間は2時間を予定しています。

●会場
せんだい演劇工房10-BOX別館 能-BOX
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-15-6 イベント倉庫「ハトの家」隣り
アクセス
仙台駅バスターミナル4番から約25分 仙台市営バス「卸町三丁目」下車
志波町・卸売市場経由 東部工場団地行
志波町・卸売市場経由 霞の目営業所行

●出演団体
・重力/Note『わたしたち、女/性についての@追憶』
[出演]:平井光子、邸木夕佳ほか
[構成・演出]:鹿島将介
[団体プロフィール]
東京・浅草橋を拠点に活動。世界と人間を取り巻く様々な力の運動を記述した《場》を提供し、それらを通じて観客とともに世界と人間とのあいだにある沈黙について想起していくことを目的としている。これまでに『島式振動器官』(11)、『職業 寺山修司(1935~1983/1983~2012)』(12)、F/T12公募プログラム参加作品『雲。家。』(同)、横浜・仙台ツアー『リスボン@ペソア』(13)、第20回BeSeTo演劇祭BeSeTo+参加作品『偽造/夏目漱石』(同)などを発表。
[C.T.T.で試したいこと]
劇場空間での《実験》を目的とするC.T.T.において「セレクション」という枠は、一体どのレベルを期待されての企画なのか、よくわからなかったりする(しかも東京からわざわざ!)。完成度を期待するならば、《実験》ではなく仕上げた《舞台作品》であればいいはず。いずれにせよ、現在できることしかできないので最近考えていることに取り組んでみると思う。ひとまず《女/性》というキーワードだけ浮かんだ。それから《追憶》。あとは稽古が始まるまで、知らない。

・短距離男道ミサイル『オーディションだよ!全員集合!新春、漢だらけの大喜利大会』
[出演]司会:澤野正樹、山田君:小濱昭博、回答者:短距離男道ミサイル及び新ミサイル候補生
[団体プロフィール]
2011年4月、震災後の混乱冷めやらぬ仙台の地で結成。男が昂ぶったときに放出されるエネルギー、汗、涙等のほとばしりをウリにしている仙台発信の新進気鋭の表現集団。ストーリー性よりも各シーンの爆発力、瞬発力で勝負していく独特のスタイルにより生まれた作品群は、仙台を始め全国で大反響を巻き起こしている。
[C.T.T.で試したいこと]
この場を借りて、新春の御挨拶と3月の初めての東京公演のオーディションの一部を大喜利の形を以ってお客様と盛大に行いたいと思います。ミサイル作品の一つである「大喜利」(ルールは決めるが何が起こるかはわからない状態で役者がそれに対応してゆくこと)がそれ単体で作品として成立するのか、試してみたいと思います。回答者は毎回変わります。押忍。

・猫足ウィローズ 『宝くじ』
[演出] ジャコウネズミのパパ
[出演] 鬼頭博 押田清秀 坂倉知子 日野久美子 坪井和広
[団体プロフィール]
七ツ寺共同スタジオが広く市民からの参加を得て結成した専属劇団。俳優の魅力を単なる技術に留まらず、それぞれの人生からにじみ出る人間性に求める。よって「19歳以上の健康な男女」という以外に入団資格は一切無しの完全先着制。毎週一回月曜日の活動日には20〜50代の団員が集まり、ディレクターの無理難題を笑い飛ばしながら稽古に励んでいる。
[C.T.T.で試したいこと]
旗揚げ以来、メンバーの人生年表に書き込まれたトピックを持ち寄ってエチュードを繰り返すことにより、作品を創ってきました。3年目に入り、こうした作品創りに慣れが見え始めたこともあり、完全即興による上演を試みたりもしました。今回上演するのは旗揚げ公演からの1シーンの再演です。3年間の試行錯誤を経て、過去のシーンをいかに新鮮に演じられるか、トライしてみたいと思います。

●上演協力金
¥1,500(前売・当日共)

●予約
・メールフォーム
URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/842c9b8f179836
・メール
「お名前、予約する日時、人数」をご記入のうえ下記のアドレスにメールを送信してください。
ctt.sendai★gmail.com
↑★を@に変えてご送信ください。

ご予約お待ちしております!

12月 せんだい月いちワークショップ開催のお知らせ

この度、 C.T.T.sendai では 12 月 13 日 ( 金 ) ・ 14 日 ( 土 ) ・ 15日( 日 ) にワークショップを開催いたします。
作品を創ってから参加するという少々ハードルの高いワークショップとなっておりますが、 そのハードルの先にこそ得られる実りが在ると考えております。
このワークショップがみなさまにとっての新たな萌芽となることを願っております。
C.T.T.sendai 事務局員一同


「犬でも飼おうか」〜岸田國士の戯曲と演劇論を用いたワークショップ〜
12月のファシリテーター:伊藤拓(Pan///)


■WS 日程 : 2013/12/13( 金 ) 〜 15( 日 )
■WS 会場 : せんだい演劇工房 10-BOX box-2
■料金(一団体):¥9,000(¥3,000×3日間)
※試演会への参加を希望する場合、3 月試演会への参加費免除
■定員 : 6 団体 ( 申し込み先着順 )
参加団体の構成:演出・俳優合計で2名以上であること ( 上限なし )
■参加資格 : 2013 年 12 月 13 日 ( 金 ) に「紙風船」を上演できること、「演劇一般講話」を読んでくること。3日間参加可能であること。

□申し込み方法
1.メールフォームから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c91e7a3269698
↑上のリンクをクリックするとメールフォームページが開きます。
必要事項をご入力の上送信してください。
2.メールから
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、以下の項目をC.T.T.sendaiのメールアドレスまでお送りください。
・代表者のお名前(ふりがな)
・参加者全員のお名前
・電話番号
・備考(健康状態等の特記事項や、気になる点がございましたらお書きください)

C.T.T.sendaiメールアドレス
ctt.sendai★gmail.com
(↑★の部分を@に変えてご送信ください)

C.T.T.sendai 月いちワークショップ 2013年9月「浦 弘毅さん」

 C.T.T.sendai『月いちワークショップ』も第4回目を迎えますが、
今回、その4人目のファシリテーターとなる方は、

劇団山の手事情社の俳優「浦 弘毅」さんです。

俳優の活動のほか劇団内では人材開発やイメージ戦略を担当している、いわば俳優教育のスペシャリスト!

第一線で活躍している俳優によるワークショップです!

 
◇◆◇C.T.T.sendai 月いちワークショップ 2013年9月◇◆◇

■ファシリテーター:浦 弘毅(うら こうき)

【日程】2013年9月7日(土)14:00〜17:00

【参加費】1コマ/1,500円

【会場】せんだい演劇工房10-BOX box-3

【対象】舞台表現に携わる方

【定員】1コマ/15名

【お申し込み方法】
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、

,名前(ふりがな)

∋臆担望日程

E渡暖峭

と考(演技経験や健康状態など、特記事項があればお書きください)

ジ鯲会への参加希望の有無

を明記し、ctt.sendai@gmail.comまでお送りください。


【ファシリテーター経歴紹介】
●浦 弘毅(うら こうき)
 
1998年から劇団山の手事情社に入団。
1998年以降の山の手事情社公演全作品に出演。
俳優の活動のほか劇団内では人材開発、イメージ戦略を担当し、
俳優育成に力を入れている。
 
【近年の出演作品】
2009年6月 『タイタス・アンドロニカス』 作/W・シェイクスピア 
     ルーマニア公演(シビウ国際演劇祭、ルムニク・ブルチャ、ブカレスト)
2009年11月 『おとことお酒』構成・演出/安田雅弘、水寄真弓
     東京公演(下北沢小劇場「楽園」)
2010年6月 『オイディプス王』 作/ソフォクレス 
     ルーマニア公演(シビウ国際演劇祭)
     ハンガリー公演(ペーチ)
2010年8月 凱旋公演二本立て『タイタス・アンドロニカス』『オイディプス王』
        東京公演(アサヒ・アートスクエア)
2010年11月 感劇市場2010『おとことお酒』 
2011年6月 『傾城反魂香』 作/近松門左衛門      
ルーマニア公演(シビウ国際演劇祭、トゥルダ、ブカレスト)
 2012年10月 『トロイラスとクレシダ』 作/W・シェイクスピア 構成・演出
         東京公演(東京芸術劇場)
 2013年6月  『道成寺』
         モルドバ・ルーマニア公演
(イヨネスコ国立劇場、シビウ国際演劇祭、オデオン国立劇場)
 
【ワークショップ、演劇講義歴】
2001年 桐朋学園短期大学部芸術学科演劇専攻卒業公演 演出助手 
2002年〜2011年 ENBUゼミナール講師
2005年 シアタープロジェクト香川2005 ワークショップ講師
2007年 神奈川県川崎市内(川崎総合学科高等学校)ワークショップ講師
2009年〜2011年 学校法人文化学院総合芸術学科演劇専攻 非常勤講師
2009年〜2013年現在 山の手事情社主催ワークショップ「演劇ドックに入ろう!」運営・講師
2010年 アゴラ企画「ワークショップ研究会」代行ファシリテーター
2011年 福島県いわき市内(いわき総合高校)ワークショップ講師
2011年〜 桜美林大学総合文化学郡 非常勤講師
2013年  東北大学学友会演劇部 ワークショップ講師
2013年  信州大学特別講義 講師


主催:C.T.T.sendai事務局


今後のファシリテーターについては、随時フライヤーや、HP・FB・ツイッターなどで更新していきますので、楽しみにお待ちください。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。(小濱)

C.T.T.sendai 「月いちワークショップ」 2013年8月「広田淳一さん」

C.T.T.sendai『月いちワークショップ』も第3回目を迎えますが、
今回、その3人目のファシリテーターとなる方は、
東京の劇団『アマヤドリ』の主宰にして劇作・演出家の広田淳一さんです。

変幻自在の劇言語とそれを体現する俳優達の身体性と、
その両者を巧みに操って立ち上がってくる
独自の世界が広田さんの作品の魅力であり、
それは仙台ではなかなか観られない質の劇世界であると思います。

是非、このWSへ参加頂き、その素敵な世界を体験してみて下さい。

 
◇◆◇C.T.T.sendai 月いちワークショップ 2013年8月◇◆◇

■ファシリテーター:広田淳一(アマヤドリ)

【日程】2013年8月3日(土)17:00〜21:00/4日(日)13:00〜17:00

【参加費】1コマ/1,500円(2日間通し2,500円)

【会場】
8月3日(土)…東六コミュニティセンター・体育館(仙台市青葉区錦町2-4-48)
   4日(日)…宮城野区文化センター・リハーサル室(JR仙石線「陸前原ノ町」より徒歩1分)

【対象】舞台表現に携わる方

【定員】1コマ/15名
    ※定員に達し次第参加受付を終了いたします

【お申し込み方法】
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、

,名前(ふりがな)

∋臆担望日程

E渡暖峭

と考(演技経験や健康状態など、特記事項があればお書きください)

ジ鯲会への参加希望の有無

を明記し、ctt.sendai@gmail.comまでお送りください。


【ファシリテーター経歴紹介】

●広田淳一(アマヤドリ)

1978年生。劇作家、演出家、俳優。
2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げし、現「アマヤドリ」主宰。全作品において脚本・演出を担当し、しばしば出演する。

さりげない日常会話からきらびやかな詩的言語までを駆使した「変幻自在の劇言語」と、クラッピングや群舞など、音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れた「自由自在の身体性」を活動の両輪としている。リズムとスピード・論理と情熱・悪意とアイロニー、などを軸に、「秩序立てられたカオス」としての舞台表現を追求している。

2009年、2010年と連続して「アジア舞台芸術祭(Asian Performing Arts Festival)」に演出家として参加。
2011年には韓国演出家協会に招聘されて「アジア演出家展」に参加し、ソウルに一ヶ月滞在して現地俳優とモリエール作『ドン・ジュアン』の創作・発表を行うなど活動の幅を広げている。

受賞歴:
2004年日本演出者協会主催 「若手演出家コンクール2004」で 最優秀演出家賞受賞(『無題のム』)
2005年佐藤佐吉賞 最優秀演出賞・優秀作品賞受賞(『旅がはてしない』)
2011年『ロクな死にかた』にて劇作家協会新人戯曲賞 優秀賞
2012年『うれしい悲鳴』にて劇作家協会新人戯曲賞 優秀賞


主催:C.T.T.sendai事務局

(横山)

C.T.T.sendai「月いちワークショップ」 7月 「村川拓也」さん

 2013年6月から行っている

C.T.T.sendai『月いちワークショップ』

第二回は、

演出家・映像作家の「村川拓也」さんをお招きしてのWSでした。

「呼吸を豊かにしていく」
「今起こっていることに興味を持って拓いていく」
「目の前の相手としっかりやり取りをする」

という、演劇の現象について気付くことから始まり、考え、実践するという、演劇について科学するWSになりました。


そちらの様子はコチラ

C.T.T.sendai月いちワークショップ2013.7.14 村川拓也さん


今後もC.T.T.sendai『月いちワークショップ』は続きます。


次回は

8月3日(土) 17:00〜22:00
8月4日(日) 13:00〜18:00

にて、


国内外で活躍されている劇団「アマヤドリ」の劇作家・演出家の「広田淳一」さんを招いてのWS。

WSです。

詳しいWS情報は次の記事にて!(小濱)

C.T.T.sendai 『月いちワークショップ』 2013年7月「村川拓也さん」のお知らせ

「月いちワークショップ」では、6月より毎月、他地域にてパフォーミングアートの活動を行っている方をファシリテータに招いてワークショップを行います。

 仙台にいながら、他地域にて精力的に活動している方の発想及び手法に出会うことのできる貴重な機会ですのでぜひふるってご参加ください。


2013年7月のファシリテーターは


ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を様々な分野で発表している、


京都の演出家・映像作家の「村川拓也」さん


まさに、コンテンポラリー・シアター・トレーニング、C.T.T.の主催するWSのファシリテーターとしてぴったりの存在です。



◇◆◇C.T.T.sendai 月いちワークショップ◇◆◇


■ファシリテーター:村川拓也


【日程】2013年7月13日(土)18:00〜21:00/14日(日)13:30〜16:30
※13日(土)18:00〜21:00の回の参加申し込みは締め切りました
【参加費】1コマ/1チーム3,000円

【会場】せんだい演劇工房10-BOX box-3

【対象】舞台表現に携わる方で、演出、或いは作家を志望する方

【定員】1コマ/8チーム
1チーム(一つの作品に使う俳優は2人まで)
※定員に達し次第参加受付を終了いたします

【申し込み締切】2013年7月12日(金)

【お申し込み方法】
タイトルを「月いちワークショップ申し込み」とし、
 
,名前(ふりがな)

∋臆担望日程

E渡暖峭

と考(演技経験や健康状態など、特記事項があればお書きください)

ジ鯲会への参加希望の有無
を明記し、ctt.sendai@gmail.comまでお送りください。


【ファシリテーター経歴紹介】

■村川拓也(むらかわたくや)
演出家・映像作家。1982年生まれ。2005年、京都造形芸術大学卒業。
 09年まで、地点に演出助手として所属。独立後は演出家として活動を開始し、ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を様々な分野で発表している。
 主な作品に『移動演劇 宮本常一への旅 地球4周分の歌』 ( 引用文献:宮本常一/10 ) 、『ツァイトゲーバー』 ( F/T11公募プログラム、大阪市立芸術創造館/11、12 ) 、ドキュメンタリー映画『沖へ』 ( 12 ) など。

オフィシャルHP:http://murakawa-takuya.com/
      Video:http://www.youtube.com/watch?v=18oe5Zgz6Co

・村川さんより
 「このワークショップは、演劇における演出というものを参加者のみなさんと検討します。ですので、俳優の為の演劇ワークショップではありません。このワークショップは、演出家(演出家志望)、もしくは作家(作家志望)が対象です。参加者の皆様には当日までに5分程度の短い演劇の断片のようなものをつくってきてもらいます。

課題は
「自分が面白いと思う演劇を作ってくる。」
こと。

それぞれ俳優も必要ですので、一緒に連れて来て下さい。劇団をされている演出家の方は、劇団の俳優を使うのが最も良いと思います。その5分の演劇の断片を、一つの「作品」として、その「作品」をみなさんで検討しようと言う事です。私ももちろんつくっていきます。
 通常のワークショップと比べると少し参加の条件が多いですが、演出家や作家対象のワークショップをするという事は、みなさんにとっても私にとってもいろいろと勉強になるはずですので、ご興味のある方は是非ご応募ください。」


主催:C.T.T.sendai事務局


今後のファシリテーターについては、随時フライヤーや、HP・FB・ツイッターなどで更新していきますので、楽しみにお待ちください。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。(小濱)


※2013年7月3日 課題と定員について情報を追加・変更いたしました!
課題と定員について情報が変更になります。

・課題について
課題は戯曲ではなく

「自分が面白いと思う演劇を作ってくる。」

ことが課題となります。
これまで作った作品の一部でも良いし、今回の為に作ってもかまいません。

・チームの定員について
つくり手一人につき、俳優は2人まででお願いいたします。
なので、1チーム当たり、最大3人ということになります。

申し込み締め切りを一週間切ってからの変更、失礼いたしました。

引き続きよろしくお願いいたします。

小濱


C.T.T.sendai『月いちワークショップ』2013年6月 「山田宏平さん(山の手事情社)」

いよいよ今月から始まりました、

C.T.T.sendai『月いちワークショップ』

記念すべき第一回目は、

東京の劇団「山の手事情社」にて長年主軸として活躍し続けてきた
演劇家の「山田宏平」さんをお招きしてのWSでした。

「呼吸を豊かにしていく」
「今起こっていることに興味を持って拓いていく」
「目の前の相手としっかりやり取りをする」

という、俳優にとって大切なことがたくさん含まれていたWSになりました。


そちらの様子はコチラ

C.T.T.sendai月いちワークショップ2013.6.22 山田宏平さん
http://togetter.com/li/522622

C.T.T.sendai月いちワークショップ2013.6.22 山田宏平さん
http://togetter.com/li/523333



今後もC.T.T.sendai『月いちワークショップ』は続きます。


次回は

7月13日(土) 1800-2100 せんだい演劇工房10-BOX box-3
7月14日(日) 1330-1630 せんだい演劇工房10-BOX box-3

にて、

京都の演出家・映像作家の「村川拓也」さんを招いてのWS。

なかなか仙台では受けることのできない、

「劇作家」「演出家」向けのWSです。


詳しいWS情報は次の記事にて!(小濱)


カテゴリー

        
        
        
        
        

更新記事

        
        
        
        

リンク

        
        
        
        

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM